CT撮影により皮下脂肪面積を正確に測定

多くの場合、痩身治療では腹囲や体重で効果を判定します。

しかし、体重や腹囲は日々変動していることはご存知だと思います。

食事の量、測定の時間など多くの要因で変化してしまうこれらの指標は正確な痩身治療の効果とは言いがたいのです。

それでは施術自体の効果を正確に判断するためには何が必要なのでしょうか?

神戸アカデミアクリニックの答えはCT(コンピューター断層撮影装置)です。

16列マルチCTによる皮下脂肪の測定を施術前後に受けていただいています。

 

 

 

皮下脂肪量の測定はFatScan(ファットスキャン)で正確に

 

神戸アカデミアクリニックでは施術結果も正確にお伝えします。

CTで撮影した施術部位の皮下脂肪は『Fat Scan』というソフトを用いて面積を計算します。

体重の増減により変動しやすい内臓脂肪の量に惑わされること無く、施術の効果をはっきりとお見せすることが出来ます。

 

 

 

 

エコーで脂肪厚を確認し、安全に施術

 

安全にLiposonixの施術を受けていただくためには皮下脂肪厚の正確な把握が欠かせません。

皮下脂肪厚は体位によって変化します。

施術のために横になっていただくと、脂肪は横に流れてしまいます。

実際に施術を行う姿勢になっていただいてからエコーで皮下脂肪厚を測ることで安全に、出来る限り広範囲に照射することが出来るのです。